変形性膝関節症にはグルコサミン|修復がおいつかなくなり膝痛

サブメニュー

ウーマン

大豆イソフラボンで対策

胸を押さえる女性

大豆食品に含まれているのが大豆イソフラボンです。大豆イソフラボンにはエストロゲンの活動を活性化する効果があります。大豆イソフラボンのサプリメントはエストロゲンを増やし、更年期障害を抑えるのに効果的です。

詳細を読む

膝痛は予防改善できる

関節

軟骨再生が大切

変形性膝関節症は、年をとれば誰でもかかる可能性のある病気です。立ち上がる時や歩く時に膝が強く痛みます。原因は膝を取り巻く軟骨がすり減って固い骨がむき出しになるため、動くたびに周囲の筋肉や神経などにあたり刺激するからです。若い頃も軟骨は歩いたり運動するたびにすり減っていましたが、それを上回るスピードで再生が行われていました。年を取ると軟骨を再生する力が衰えてくるので、軟骨の修復がおいつかなくなり膝痛が起こるようになります。こういった変形性膝関節症を予防したり改善する為に、軟骨再生成分であるグルコサミンやコンドロイチンなどが含まれた健康食品を摂る人が増えています。軟骨を再生するだけではなく、痛みを緩和する成分も含まれているため、楽に動けるようになります。

肥満気味の人は注意

中には健康食品やサプリメントではなく、食事から軟骨を再生できる成分を摂ろうとする人もいます。軟骨再生成分が多い食品としてはフカヒレやウナギ、山芋やオクラなどがあります。こういった成分を食事から摂るのはとても良いことですが、毎日摂らなくてはいけない上、摂取カロリーが多くなる心配もあります。変形性膝関節症になりやすい要因の1つに肥満があります。太っているとそれだけ膝にかかる負担が大きくなるため、軟骨がすり減りやすくなります。変形性膝関節症の痛みを改善する方法の1つに体重を減らすことがあげられているほどです。その為食事から軟骨再生成分を摂ろうとする場合には、カロリーにも注意した方が良いでしょう。太った人の場合には健康食品を利用した方が安心です。

体の冷えに良い健康食品

手を温める人達

生姜の健康食品は新陳代謝を良くする働きがあり、冷え性対策やダイエット効果が期待できます。生姜の健康食品を摂取することを毎日の習慣にすると、脂肪が燃えやすい体質になり、たくさん食べても太りにくくなります。

詳細を読む

エストロゲンの減少が原因

複数の生薬

50代の更年期になると、急に顔が熱くなって汗が止まらなくなったりするホットフラッシュが起こることがあります。これは、女性ホルモンの減少によって自律神経が調節できなくなるのです。治療としてはホルモン補充療法が行われます。また漢方薬で治療する場合もあります。副作用がなく、個々の体質に合った処方をしてくれます。

詳細を読む